『日本人』ブランドは健在なようで

最良の宿泊客は日本人、最下位フランス人(日刊スポーツ)



 世界最大級のインターネット旅行会社エクスペディアが世界各国のホテル経営者や従業員らに行った調査によると、宿泊客として最も評価が高いのは日本人、最下位はフランス人だった。同社が10日までに発表した。

 調査は6月、約4500人のホテル関係者を対象に実施。27カ国の旅行者について、礼儀正しさやチップの額など9項目の評価を尋ねた。

 日本人旅行者は礼儀正しさ、清潔さ、静かさ、苦情や不満の少なさなどでトップ。総合点で英国人が2位、カナダ人が3位で続いた。4位はドイツ人、5位はスイス人。

 フランス人は外国語への順応性、寛大さ、チップの額などが27カ国中で最下位。礼儀正しさや態度全般も26位だった。総合点で26位はスペイン人、24位でギリシャ人とトルコ人が並んだ。

 部門別では、チップの額が最も多いのは米国人、ベストドレッサーはイタリア人だった。
この記事を読んで疑問に思う人もいるのではないでしょうか
「中or韓が最下位じゃねーの?」と

その答えはこちら
Overall Ranking
1 Japanese
2 British
3 Canadians
4 Germans
5 Swiss
6= Dutch
6= Australians
8= Swedish
8= Americans
10= Danes
10= Norwegians
10= Finnish
10= Belgians
14= Austrian
14= New Zealanders
16 Thais
17= Portuguese
17= Czechs
19= Italians
19= Irish
19= Brazilians
22= Polish
22= South Africans
24= Turkish
24= Greeks
26 Spanish
27 French
そもそも対象外だった、というわけです(´-ω-)

ま、せっかく良い目で見られてるんだし
今後も海外旅行をする方はその信頼に応える行動をして欲しいもんですね

(・ε・)俺はいかねーからあんま関係ないけど
[PR]
by xell_rainy | 2009-07-10 13:37 | ニュース関係
<< 早くも夏ばて気味で 鳩ぽっぽ「答えた答えた(∩゚д... >>