内定取り消しオブザイヤー2009決定

操業一時停止で入社式前日に内定取り消し(静岡新聞)



 金融機関から必要な資金の融資を受けられなかったことを理由に1日から工場の操業を一時停止した静岡市清水区三保の造船メーカー・カナサシ重工(片上久志社長)が、平成21年度に採用を予定していた新卒者計19人の内定を入社式前日の31日に取り消していたことが1日、分かった。
 同社によると、内定者は男子11人、女子8人で、大卒者7人、高校卒は12人。3月31日の操業停止決定を受け、急きょ内定を取り消した。同日から担当者が内定者宅を訪問するなどして事情を説明している。
 同社は4月1日に入社式を予定していた。取り消しの理由について同社は「仮に入社したとしても、給料を支払える見込みがなく、やむを得ない措置だった。内定者の支援は、現在検討している」と説明した。同社労働組合の望月幸男執行委員長は「労組には(内定取り消しについて)一切示されていない」と話している。
 職業安定法の規定では、採用の内定取り消しを行う場合、事業者側にはハローワークへの通知が求められる。内定取り消しの内容が(1)同一年度内に10人以上(2)取り消し理由を十分に説明しなかった(3)対象者の就職先確保に向けた支援をしなかった―などの条件に該当する場合、行政処分の対象になる可能性がある。
 静岡労働局の担当者は「もし労働契約が締結されていて、実質的な解雇ということになれば、30日前の予告などを定めた労働基準法の適用対象になるケースもある。事実調査を行っている最中」と話した。
 静岡労働局によると、3月23日現在、県内事業所による内定取り消しは15件166人。統計が残っている範囲で過去最多という。
これに勝る(劣る?)内定取り消し騒ぎはもう起きないと思う
規模はともかくタイミング的な意味で(´-ω-)
[PR]
by xell_rainy | 2009-04-02 14:37 | ニュース関係
<< 内患外患 「自民より民主より社民(が、潰... >>