呆れはてて失笑すらでない

社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野党席からも失笑(Yahoo!ニュース - 産経新聞)



 社民党の福島瑞穂党首は26日の参院予算委員会で、北朝鮮の弾道ミサイルが日本領内に落下した場合、迎撃する日本政府の方針について、「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸(ざんがい)が落ちる。当たらなくともミサイルは向こう(国外)へ行ってしまう。国内外の市民に被害はないといえるのか」と激しい批判を展開した。

 中曽根弘文外相は「わが国民の生命財産に被害が及ぶ恐れがあるならば迎撃は当然だ」と答弁。浜田靖一防衛相も「そのまま落ちてきた方が被害は大きい。宇宙空間で当たれば燃え尽きてほとんど落ちてこない。まず破壊することで規模を小さくするのが重要だ」と強調し、理解を求めた。

 しかし、福島氏は、「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」などと迎撃批判を延々と続け、野党席からも失笑が漏れた。
仮に衛星だったとしてもミサイルと同レベルの『発射』をすること自体が国連決議違反
そもそも衛星だろうがミサイルだろうがスペースシャトルだろうがジャンボジェットだろうが『落下着弾したら脅威』と言う意味では何ら変わらない

つーか、こいつはミサイルないし衛星によって被害が生じたときにその責任を取れるんですかねぇ
ミズポの存在そのものが『国益を損ねている』のではないかと(給料が税金の無駄遣い的な意味で
[PR]
by xell_rainy | 2009-03-27 14:18 | ニュース関係
<< 退職者の記念撮影、有料化で半数... 小沢の秘書、起訴される >>