所得までアサヒった

朝日が4億円所得隠し 編集関連費 4編集局長を減給(東京新聞)



 朝日新聞社が、東京国税局の税務調査を受け、二〇〇八年三月期までの七年間に、出張費の過大計上などに伴い約三億九千七百万円の所得隠しを指摘されたことが二十三日、分かった。うち京都総局が出張費などとして計上した約千八百万円は、架空経費と認定された。

 同社の発表によると、このほかの経費処理も含め申告漏れ総額は約五億千八百万円で、重加算税を含む追徴税額は約一億三千九百万円。

 国税局の指摘を受け、同社は同日、修正申告した上で、当時の京都総局長らを停職などの処分にしたほか、管理責任を問い、東京、大阪、西部、名古屋各本社の編集局長を減給処分にした。

 同社などによると、所得隠しと認定されたのは編集関連費。取材費の一部が飲食など別の目的に使われ、交際費に当たると判断されたほか、出張費の水増し請求が指摘された。

 また、子会社への出向社員の人件費や販売関連会社への奨励金などをめぐって、計約一億二千万円の申告漏れが指摘された。

 朝日新聞社広報部は「申告漏れの指摘を受けたことを報道機関として重く受け止めています。今後一層、適正な経理、税務処理に努めます」としている。
この件に関してのgoogleニュース検索の結果
他社が『所得隠し』と記述しているのに対して一社だけ『申告漏れ』と書いてるところがありますね

本社5億1800万円申告漏れ 修正申告、関係者を処分(朝日新聞)
> 東京国税局は、取材費の一部を交際費と認定したり、出張費の過大計上を指摘したりして、編集関連費のうち約3億9700万円を経費とは認めず、重加算税の対象と認定した。

ジャーナリスト宣言(笑)
[PR]
by xell_rainy | 2009-02-24 13:07 | ニュース関係
<< 東京地検特捜部、『西松建設献金... 生存報告 >>