反戦第一!でも人民解放軍は綺麗な軍?

「集団自決」映画化 来年3月完成



 8日に発足25周年を迎えた「子どもたちにフィルムを通して沖縄戦を伝える会」(通称・沖縄戦記録1フィート運動の会、福地曠昭代表)が、「集団自決」(強制集団死)をテーマに映画作りに取り組んでいる。同日、那覇市内で開いた懇親会で予告編が披露された。
 映画「軍隊のいた島/慶良間の証言」は、集団自決のあった慶良間の住民から聞き取りなどをして制作中。謝名元慶福氏が監督を務める。今後、米国立公文書館所蔵のフィルムを新たに取り寄せ、来年3月中旬の完成を目指している。
 この日は懇親会を前に、2009年度定期総会と特定非営利活動法人(NPO法人)に組織を移行するための設立総会が開かれ、総会の最後には米軍再編と高校歴史教科書問題の検定意見撤回などを県民に訴えるアピールがなされ、「検定意見撤回・記述復活を要求する決議」が可決された。
 総会で福地代表は「25年にわたる反戦運動をあざ笑うかのように、最近の情勢を見ると沖縄戦の再現が現実化しつつある。無責任な戦争観や責任逃れの策動を絶対に黙認してはいけない。今後の1フィート運動への協力をお願いする」と呼び掛けた。
今後再び沖縄上陸戦が行われるとしたらシナからの侵略以外なさそうに思えるんですが
そこら辺はどう考えてるんでしょうかねぇ


いいからお前ら( ´_ゝ`)反戦はシナでやれ
[PR]
by xell_rainy | 2008-12-10 09:08 | ニュース関係
<< 民主「南鮮様のお力添えをいただ... 目指す前に目を覚ますのが先だと思う >>