不法入国者比率もやはり上位でした

改正入管法施行から1年、846人の入国阻止 生体認証が効果(日経ネット)



 法務省入国管理局は28日、日本に入国する外国人に指紋採取などを義務付ける改正出入国管理・難民認定法の施行から1年間で、指紋データなどを照合する新システムの活用で計846人について入国を不許可にしたと発表した。

 改正法は、不法滞在者の減少とテロリストによる偽造旅券などを使った入国の防止を目的に昨年11月20日に施行。指紋をスキャナーで読み取り、顔写真を撮影する生体情報認証システムが新設された。システムには過去の強制退去者や国際刑事警察機構の指名手配者リストなど数十万件のデータが保存されている。

 改正法施行から今年11月19日までの1年間で同データと一致し、入国を認めなかったのは計846人で、韓国やフィリピン国籍が多かった。うち98人が偽造旅券を使うなどして入国を試みて退去強制となった。残りの748人は過去に退去強制を受け、入国資格を停止されるなどしているため、退去を命じられた。(12:01)
まぁ、おおかたの見当はついてましたよね(´-ω-)
[PR]
by xell_rainy | 2008-11-29 21:36 | ニュース関係
<< 血を流したのは・・・どっち? 民主「特定国に個別に金出そうぜ」 >>