なんという余裕・・・

麻生首相、演説やり直し=4分間、通訳音声流れず(時事通信)



 【ニューヨーク25日時事】麻生太郎首相が25日に国連総会で行った一般討論演説で、同時通訳の回線がつながらず、首相の日本語音声のみが4分間流れた後、最初から演説をやり直すハプニングがあった。
 首相は冒頭、英語で「きのう指名されたばかりの新品の首相です」とあいさつして会場の笑いを誘った後、日本語に切り替えた。しかし、同時通訳のイヤホンや館内放送では、通訳の英語音声が流れず、会場がざわついた。 
 途中で演説を遮られ、状況を耳打ちされた首相は笑いながら、「(不具合を起こしたのは)日本の機械じゃないですよね」と英語でジョークを飛ばし、「最初からやります」と言って拍手を受けた。
総理になってすぐの初の国連総会でもジョークとばせるほどの余裕・・・
仕込みでなかったらすごいなぁ


ゴルゴ麻生

ローゼン麻生

ジョーカー麻生 ←いまここ


さて、この切り札がどこまで行けるか・・・
[PR]
by xell_rainy | 2008-09-26 16:12 | ニュース関係
<< 児ポDVD注文→nullぽ→ガッ ただ飯喰らいに差し押さえ >>