「普通の生活がしたいから1億3000万ください」

「大樹君救う会」 募金呼びかけ(読売新聞)



 心筋の機能が低下して血液を送り出せなくなる難病「拡張性心筋症」に苦しむ氷見市阿尾、会社員松原大樹さん(19)の両親と支援者らが17日、県庁で記者会見を開き、海外での心臓移植に必要な費用1億3000万円の募金の協力を呼びかけた。地元住民らが6日に設立した「大樹君を救う会」のメンバーが今後、街頭募金活動などを展開する。

 会見した父の政人さん(52)、母の美枝子さん(50)らによると、大樹さんは3月11日、風邪の症状で厚生連高岡病院に入院後、心臓に異常が見つかり、同21日、国立循環器病センター(大阪府吹田市)に緊急搬送された。細菌かウイルスが心筋に入り込んだとみられ、「劇症型心筋炎による拡張性心筋症」と診断された。

 現在、人工心臓を装着してベッドから起きあがれない状態で、「余命半年」と宣告された。心臓移植以外に回復の見込みは無いという。

 「日本臓器移植ネットワーク」(東京)によると、9月1日現在、同ネットワークに登録している心臓移植希望者は112人。一方、国内の今年の心臓移植手術は10件にとどまる。

 国内で大樹さんが手術するには、少なくとも4年はかかるとみられ、米国での心臓移植を検討。NPO「日本移植支援協会」(同)の永井孝理事長によると、渡航費や医師の付き添い、手術費などで1億3000万円は必要という。

 政人さんは「息子から毎日、『助けて』と電話がかかってくる。何とか助けてやりたい一心。お力を貸していただきたい」と訴え、美枝子さんは「普通の生活を送りたい、そんな(大樹さんの)願いをかなえさせてやりたい」と話した。

 詳細はホームページ(http://savedm.web.fc2.com/)か、氷見市阿尾漁村センター内の救う会事務局(0766・72・2022)。募金は同会の口座(ゆうちょ銀行振替口座00780・4・76297など)でも受け付けている。
はいはい死ぬ死ぬ
としかもう思えませんね( ´_ゝ`)

俺が過去に概算した『俺が二十歳になるまでに俺に対して親が使った金額』は
まぁ大雑把すぎる計算でしたが5000万いかないぐらいなもんでした

しかしこいつはその2倍以上の金をその場しのぎのために使うという・・・
・・・アレ?ニートやらよりよっぽど『生きてるだけで金を無駄に消費する人間』じゃね?( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2008-09-19 09:16 | ニュース関係
<< シナが国策として海賊版を推進し... 社民党が三権分立を真っ向から否... >>