都合が悪い時は後進国

世界の食糧危機は中国の責任ではない―農業部副部長(Yahoo!ニュース - サーチナ・中国情報局)



 中国農業部の牛盾副部長は4月29日、中国を訪問している欧州議会・欧州人民党グループの代表団と会談し、ヨセフ・ダウル代表と世界の農業問題などについて意見を交換した。牛副部長は「世界の食糧不足は中国とインドの人口増と生活レベルの向上が原因ではない。農作物をエネルギー生産に利用したり、大量の資金を先物取引市場に投入するなどしている欧米をはじめとした先進国の責任だ」との考えを協調した。30日付中国新聞社が伝えた。

 牛副部長はまた、地球温暖化についても「先進国がこれまで100年以上かけて工業化を行ってきたことが主な原因で、その最大の被害者は中国を含む発展途上国だ」と述べ、温暖化対策も含めた食の安全保障では先進国が負うべき責任が大きいと主張。「先進国は農作物を利用したエネルギー生産の比率を下げ、発展途上国への食糧援助を増やす必要がある」と述べた。

 これに対してダウル代表は「世界で最も食の供給が危機なのはアフリカの一部の国家だ」として、今後は中国との交流を通じ、途上国と先進国が共に発展する道を探っていきたいとの考えを示した。
中国側がこういう発言をするって言うことは
全面的に中国が悪いって事ですね。分かります。

ほんと、被害者面が好きな連中ですね( ´_ゝ`)

つーか、そんなろくに発展もしてない後進国風情が国連常任理事国っておかしくね?( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2008-05-01 16:51 | ニュース関係
<< 酒一杯にして 人酒を呑み・・・ 模倣犯・愉快犯製造器のマスゴミ... >>