カスラック独禁法違反の疑い

音楽著作権管理、JASRAC独占の疑い・公取委が立ち入り(日経ネット)



 音楽の著作権管理事業を巡り、自らに有利な内容の契約を放送局と結び、新規事業者の著作権管理市場への参入を不当に締め出した疑いが強まったとして、公正取引委員会は23日、独占禁止法違反(私的独占)の疑いで日本音楽著作権協会(JASRAC)に立ち入り検査した。公取委による同協会への立ち入り検査は初めてという。

 関係者によると、JASRACはテレビやラジオなど放送事業者が、経常事業収入から一定経費を差し引いた「放送事業収入」の原則1.5%を支払えば、JASRACが著作権を管理している曲を自由に使うことを認める「包括的利用許諾契約」を締結している。

 放送事業者は、JASRAC管理下の曲は定額で使い放題である一方、別の著作権管理事業者の管理する曲を使う場合には追加支出が生じる形となっている。このため公取委は、放送事業者が新規事業者と新たな契約を結ぶことを制限しているとして、JASRACが市場を実質的に支配したと判断したもようだ。
要するに
JASRAC管理楽曲のみ使用→放送事業収入の1.5%払い
他の団体の管理楽曲も使用→放送事業収入の1.5%&そちらの利用料

「じゃあJASRACのだけにするか」と事業者側に思わせる心理的な独占ってことですね


つーか、この件で何が一番いいって
「1.5%(どんぶり勘定)払えば好きにやっていいよー」
→権利者に払う金?んなもん計算するわけねーだろ
というカスラックのクソ体制が公に明らかになったことですよね(==
[PR]
by xell_rainy | 2008-04-23 18:41 | ニュース関係
<< 祝?1000回 光市母子殺害事件・終幕 >>