光市母子殺害事件・終幕

<光母子殺害>元少年に死刑判決 広島高裁(Exciteニュース - 毎日新聞)



 山口県光市で99年4月、母子を殺害したとして殺人と強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(27)に対する差し戻し控訴審の判決公判が22日午前、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は「強姦の目的や計画性も否定できない」として、求刑通り死刑を言い渡した。元少年が差し戻し審で展開した新供述を「不自然不合理」と退け、「殺害は偶発的ではなく、冷徹に遂行され、死刑の選択を回避できる特別な事情はない」と判断した。弁護側は即日、上告した。

 最高裁は06年6月、高裁が認めた情状酌量理由を「死刑を回避するには不十分」として1、2審の無期懲役判決を破棄し、高裁に差し戻した。

 判決によると、元少年は99年4月14日、光市のアパートに住む会社員、本村洋さん(32)方に排水管検査を装って上がり込み、妻の弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、抵抗されたため手で首を絞めて殺害。泣き続ける長女夕夏ちゃん(同11カ月)を床にたたきつけた上、首にひもを巻き付けて絞殺した。

 元少年は差し戻し審の公判で、弥生さん殺害について「甘えたい気持ちで抱きつき、反撃され押さえつけたら動かなくなった」とし、夕夏ちゃんについて「泣きやまないので抱いてあやしていたら落とした。首を絞めた認識はない」と述べた。

 供述を変えた理由については、「自白調書は警察や検察に押し付けられ、1、2審は弁護人が無期懲役が妥当と判断して争ってくれなかった」とした。

 判決は「弁護人から捜査段階の調書を差し入れられ、『初めて真実と異なることが記載されているのに気づいた』とするが、ありえない」と、元少年の主張を退けた。

 また、弥生さんの殺害方法について元少年が「押し倒して逆手で首を押さえているうちに亡くなった」としたのに対しても、「不自然な体勢で圧迫死させるのは困難と考えられ、右手で首を押さえていたことを『(元少年が)感触さえ覚えていない』というのは不自然。到底信用できない」とした。夕夏ちゃん殺害についても、「供述は信用できない」と否定した。

 また、元少年が強姦行為について「弥生さんを生き返らせるため」としたことについて、「(荒唐無稽こうとうむけい)な発想であり、死体を前にしてこのようなことを思いつくとは疑わしい」と退けた。

 判決は「身勝手かつ、自己中心的で、(被害者の)人格を無視した卑劣な犯行」と断じた。また、新供述を「虚偽の弁解」とし、「(元少年の)改善更正の可能性を大きく損ねた」と弁護方針を批判した

 1、2審は殺害の計画性の無さや更生可能性を重視して無期懲役を選択。最高裁は強姦目的や殺害方法などの事実認定を「揺るぎない」とし、「量刑は不当で、著しく正義に反する」として審理を差し戻した。

 事件当時、元少年は18歳30日。少年法は18歳未満の被告に死刑を科すことを禁じている。2審の無期懲役判決を差し戻した死刑求刑事件は戦後3例目だが、他の2件は死刑が確定している。
記事が差し替えられたので修正しました。
罪には罰を。その当たり前のことがきちんとなされたようで一安心ですね。

以下差し替え前の記事
<光母子殺害>主文言い渡しを後回し 差し戻し控訴審

 山口県光市で99年4月、母子を殺害したとして殺人と強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(27)に対する差し戻し控訴審の判決公判が22日午前、広島高裁で始まった。楢崎康英裁判長は主文を後回しにし、判決理由の朗読から始めた。元少年が差し戻し審になって新供述を展開したことについて「不合理不自然」としており、厳しい刑が予想される。

 最高裁は06年6月、高裁が認めた情状酌量理由を「死刑を回避するには不十分」として1、2審の無期懲役判決を破棄し、高裁に差し戻した

 1、2審判決によると、元少年は99年4月14日、光市のアパートに住む会社員、本村洋さん(32)方に配水管検査を装って上がり込み、妻の弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、抵抗されたため手で首を絞めて殺害。泣き続ける長女夕夏ちゃん(同11カ月)を床にたたきつけた上、首にひもを巻き付けて絞殺した。

 1、2審は殺害の計画性の無さや更生可能性を重視し、無期懲役を選択した。だが最高裁は強姦目的や殺害方法などの事実認定を「揺るぎない」とした上で、情状面も「計画性の無さが特に有利な事情と評価できない」「年齢も死刑を回避すべき決定的な事情とはいえない」などと判断。「量刑は不当で、著しく正義に反する」として審理を差し戻した。

 1、2審で元少年は起訴事実をほぼ認めたが、最高裁審理から弁護団が替わり、一転して殺意や強姦目的を否認。差し戻し審の計12回の公判では、弁護側による法医鑑定や精神鑑定が採用された。

 元少年は、弥生さん殺害について「甘えたい気持ちで抱きつき、反撃され押さえつけたら動かなくなった」とし、夕夏ちゃんについては「泣きやまないので抱いてあやしていたら落とした。首を絞めた認識はない」と述べた。供述を変えた理由は「自白調書は警察や検察に押し付けられ、1、2審は弁護人が無期懲役が妥当と判断して争ってくれなかった」と説明した。

 弁護側も遺体の鑑定結果を基に、殺意は無く傷害致死に当たると主張。「元少年は父の虐待や実母の自殺などの成育環境から、精神的に未熟だった」と訴えていた。

 一方、検察側は最終弁論で「(差し戻し審での)被告の供述は、いわゆる母胎回帰ストーリーという特殊な解釈による以外、到底理解しがたく、臨床心理鑑定書に触発され、これに乗じているものであることは明らか」と指摘。「被告人が荒唐(無稽むけい)な弁解をすることで、(真摯しんし)に反省していないことが明らかになった」と述べ、再度、死刑を求めた。

 事件当時、元少年は18歳30日だった。少年法は18歳未満の被告に死刑を科すことを禁じている。2審の無期懲役判決を差し戻した死刑求刑事件は戦後3例目だが、他の2件は死刑が確定している
そもそもこの1審2審がクソなんですよね
「二十歳になって一ヶ月しか経ってないのに酒呑んだから逮捕」とか言ってるようなもんですし

過去の「主文後回し」の例に漏れず死刑判決が下りますように・・・
[PR]
by xell_rainy | 2008-04-22 11:41 | ニュース関係
<< カスラック独禁法違反の疑い ジョジョリンピック >>