「家に鍵をかけられると治安維持できない!」と、プロ市民

PAC3配備反対 春日市で平和集会 500人参加、デモ行進も(西日本新聞)



 弾道ミサイルを地上から迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)ミサイルが県内の自衛隊基地に2010年までに配備される計画に反対し、市民グループが23日、春日市の春日公園で県民集会を開いた。

 県民集会は「平和をつくる筑紫住民の会」「平和・人権・環境福岡県フォーラム」「戦争への道を許さない福岡県フォーラム」の3団体が中心となって開催を呼び掛け、20日のイラク戦争開戦日にちなんで実施した。

 雨模様の中、約500人が参加。「県内の航空自衛隊3基地に配備される計画のPAC3配備に反対する」などとアピールした。その後、PAC3計画で司令部とされている航空自衛隊春日基地まで横断幕や旗を掲げながらデモ行進し、配備中止の申し入れ書を提出。基地前で「ミサイル配備反対」「武力で平和はつくれない」などとシュプレヒコールを上げた。
「健康になるためにはHIVに感染して免疫機能をなくせ」
「免疫機能がなければウィルスが感染することはない」

と、言い換えれば全世界の人にこの団体の主張の馬鹿さが分かりますかねぇ


まぁ、まともな人間なら「迎撃兵器」に反対する異常さにすぐに気付くでしょうけど
[PR]
by xell_rainy | 2008-03-24 20:41 | ニュース関係
<< 献血@65回目のこと 「悪いのはゲーム!」ともってい... >>