世の「人々のために」は9割9分9厘嘘

インターネットの検索制限について(人民網)



外交部の定例会見で5日、劉建超報道官が質問に答えた。

――「国境なき記者団」が最近の報告で、インターネットの検索制限を実施していることについて中国を非難したが、コメントは。

中国はインターネット事業の発展において、開かれた、積極的な推進策を取っている。中国のインターネット利用者数はすでに世界第2位の2億1000万人に達している。中国人民はインターネットを通じて正常な情報を把握し、その手軽さとスピードを享受している。中国政府が定めるインターネット関連政策は、人々の情報入手を確保するためでもある。中国政府はインターネットへの管理を完全に手放すべきだと考える人もいるが、それはどの国でもできない話だ。インターネット上には多くの有害な情報があるからだ。人民の利益のため、政府は必要な措置を講じて有害情報の伝播を制限するべきだ。この問題を正しく取り扱うことを当該団体・個人に希望する。
はいはいワロスワロス( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2008-02-07 21:26 | ニュース関係
<< 目を覚ますべきはどちらか 感情論しか言えない死刑廃止派 >>