ふー、びっくりした

発信箱:あいてていいの? =中村秀明(経済部)(毎日新聞)



 ブッシュ米大統領に教えてあげたかった。日本人の半数はあなたより、高い意識を持っていることを。

 6日掲載の毎日新聞世論調査によると、京都議定書が定めた温室効果ガスの削減義務を守るため「生活レベルを下げられる」という人が49%いた。朝日新聞も7日、同じような世論調査を掲載した。ここでは、温暖化を防ぐために「今より生活が不便になってもいいか」との問いに51%が「いい」と答えた。

 日経新聞が新年早々、「YEN漂流・縮む日本」という連載を始めたが、経済の持続可能性を重視するなら、成熟した意識に支えられた日本の将来は悲観することはない。地球を食い尽くしかねないほどの成長を追う米国やロシア、中国などより、未来を見据えているのではないか。

 朝日の調査には、コンビニエンスストア各社が沈黙するような結果もあった。温暖化を防ぐため「コンビニの深夜営業がなくても我慢できる」という人が83%いたのだ。

 政府は昨年末、温暖化対策としてコンビニの24時間営業の見直しを検討したが、業界が「16時間営業でも温室効果ガスは3~4%しか減らせず、一方で売り上げは2割程度落ちる」と猛反発し、見送られた。コンビニ各社は、売り上げに応じて吸い上げるロイヤルティーが減り商品配送の費用も増すから大打撃だ。しかし、人件費や光熱費を負担する店のオーナーはどうだろう。8割以上が「深夜営業しなくていい」との利用者の声は反映されていたのか。

 「あいてて良かった」は、もはや時代遅れだと思うのだが。
 今回のこたえは数字のうえでは「深夜営業がなくても我慢できる」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。コンビには深夜営業を続けたほうがいい。
 あたりまえの話だよね。調査に答えた「多数派」はあまり『地球温暖化』報道に踊らされないほうがいいのではないかな。

毎日的にはこうじゃないの?( ´_ゝ`)

玉いれ賭博屋を潰す方がよっぽど排出CO2減らしになるでしょうにね
電気使う量もぐっと減るし、車で行ってる客の排ガスも減るし(==
[PR]
by xell_rainy | 2008-01-12 17:07 | ニュース関係
<< ねんがんのしんPCをてにいれたぞ 逆に何がほめられたやり方なのか... >>