罪人を罰する施設になぜ快適さが要るのか

過剰収容…「刑務所狭い」と受刑者7割(MSN産経ニュース)



 法務省は26日、釈放された受刑者を対象にしたアンケート結果をまとめた。雑居房での生活が長い受刑者の7割近くが居室スペースを「狭い」と回答しており、近年問題となっている過剰収容の深刻さが受刑者の実感としても裏付けられた。

 アンケートは、刑務所などの刑事施設の適正な運営の参考にすることを目的に、平成17年から実施。今回の調査では18年4月1日から19年3月31日までに刑事施設を出所した受刑者3万645人を対象に実施、2万6724人が回答した(回答率87・2%)。

 居室スペースに関しては、昨年の調査でも雑居房での生活の長い受刑者の68・8%が「狭い」と回答。今回の調査でも68・3%が「狭い」と答え、過剰収容の状態が改善されていないことが明らかになった。

 刑務所での生活については、8割近くの受刑者が「役に立った」と回答。一方で、入浴回数について7割以上が「少ない」、食事の質については5割以上が「悪い」、パン食の回数について7割以上が「少ない」と回答するなど、細かい生活面での不満も目立った。
これは実にダメダメですね
もっともっと過酷にしないと・・・

具体的には懲役を
TOY○TAの期間工ぐらいハードなものにするとか
ブラック企業のPG/SE並みにデスマーチさせるとか

100人中100人が「これは酷い、もう2度と入りたくない」と思うような施設にすべきだと思うのは俺だけではないはず
[PR]
by xell_rainy | 2007-12-27 15:24 | ニュース関係
<< 色々と厳罰化したほうがいいんじゃ? 勝手に祝っとけ、聞く気はないが >>