だから被害者の人権を無視すんな

国連総会、死刑執行停止要求を決議(朝日新聞)



 国連総会は18日、死刑執行の停止を求める決議案を賛成多数で初めて採択した。日本を含む死刑制度の存続国に対し国際世論が正式に「深刻な懸念」を示した形だ。決議に法的拘束力はないが、存続国は国連に死刑制度の状況を報告するよう求めており、制度の見直しへ向けた国際圧力が高まるのは確実だ。

 国連加盟国192カ国のうち、欧州連合(EU)諸国のほか、南米、アフリカ、アジア各地域の計87カ国が決議の共同提案国になった。賛成104、反対54、棄権29で採択された。死刑制度を続けている日本、米国、中国などは反対した。

 決議は、人権尊重の意義や、死刑が犯罪を抑止する確証がないこと、司法のミスで執行されると取り返しがつかない問題を指摘。存続国に対し、執行の現状や死刑囚の権利保護の確認を国連事務総長に報告▽死刑を適用する罪名の段階的な削減▽死刑制度の廃止を視野に入れた執行停止――などを求めている。
人権を尊重せず他者の命を奪うと言う最大の人権侵害を行った結果、自らの人権を剥奪され死を命じられる
と、考えればむしろ死刑の存在は『被害者の人権を最大限尊重している』と言うことになるんですけどねぇ(==

つーか
『死刑が犯罪を抑止する確証がない』から廃止ってんなら
『国連は国際紛争を抑止する確証が無い、それどころか国連決議が新たな争いの原因となっている。だから国連は存在してはならない』
というロジックも成立するはずですがそれに関してはどう考えているんでしょうかね、こいつら


結局のところ国連が偉そうになんかほざいたところで
アメ公が突っ走ったら止めようが無いし
日本(+アメリカ)が金を出さなくなったら運営できなくなるし
どうしようもないと思うんですけどね( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-12-19 03:43 | ニュース関係
<< 昔なつかし霊感商法 『一次ソース』としてのマスコミ... >>