原発の電気が無くてもいい、と言うのは誤り

柏崎で「おやすみ原発」集会(新潟日報)



 中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発の運転再開に反対する市民団体の集会「おやすみなさい、柏崎刈羽原発・柏崎刈羽から東京のみなさんへ」が24日、柏崎市産業文化会館で開かれた。市民ら約200人が参加する中、主催者が「大きな地震が起きないとする前提が崩れた以上、運転再開はありえない」と訴えた。

 主催したのはプルサーマルを考える柏崎刈羽市民ネットワーク。音楽家の坂本龍一さんらが「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」のタイトルで展開している運転再開反対の署名活動に賛同し企画。連携して原発立地地域の不安を電力消費地に伝えようと開いた。

 集会では、坂本さんが寄せた「活断層の上に原発が立っている限り、将来的に不安が残る」などとするメッセージを披露。柏崎刈羽原発反対地元3団体の武本和幸さんが、原発敷地内の写真や地盤のデータを示し「敷地内に亀裂が走っており、断層が動いたもの。東電や国が否定している地殻構造運動が起きた」と指摘した。

 最後に主催者が「原発の電気がなくても東京の電気は止まらなかった。少し生活の方法を変えることで、原子力に頼らない社会ができる」などと呼び掛けた。
工場を操業中断とかすることで電力をまかなったような記憶があるんですが気のせいですか(´-ω-)

つーか、こいつらに
「切り詰めれば月8万もあれば生活できる。だから今月からおまえの給料8万ね」
って言ったとして納得するんでしょうかね(==
[PR]
by xell_rainy | 2007-11-25 09:53 | ニュース関係
<< 評価してる部分が違うんじゃないの? だが、断る >>