お年寄りは運転に多大なる注意を

高松市のデパートに車突っ込む(RSKニュース)



15日正午前、高松市の百貨店のショーウィンドーに乗用車が突っ込みました。ショーウィンドーは大破しましたが、けが人はいませんでした。

15日午前11時半すぎ、高松市内町の三越高松店で高松市の72歳の女性が運転する乗用車が店舗北側の駐車場で車をバックしようとしたところ、誤って前進し車の前に設置してあったプランターごと宝飾品売り場のショーウィンドーに突っ込みました。
ショーウィンドーは大破しましたが、車に乗っていた女性と76歳の夫にけがはありませんでした。
また事故当時宝飾品売り場にいたまんのう町の28歳の母親と生後4ヵ月の女の子にガラス片が当たり救急車で病院に運ばれましたが、けがはありませんでした。
警察の調べに対し女性はシフトレバーをバックに入れたつもりがドライブに入ったままアクセルを踏んだと話しているということです。
どうも、現場がどこなのかすぐに分かった元香川県高松市民です(´-ω-)

とりあえずあれですね
もう65歳以上の免許更新には毎年実技試験筆記試験をパスしなければならない
とでもするべきでしょう

判断力認識力が歳とともに衰えてくるのに
たまたま無事故だったと言うだけで免許を持ち続けるなんて実に危ういことですからねぇ・・・


あー、あと、スイーツ脳の女は免許を取れないシステムにして欲しいですね
ご老体以上に危険極まりないですから
[PR]
by xell_rainy | 2007-11-15 20:36 | ニュース関係
<< またしても嘘報道 中国の工場でラベルの貼り違い >>