命令書はなくても命令はあったんだよ!!!→な、なんd

「軍命令あったと考える」 集団自決訴訟で大江さん(さきがけonTheWeb)



 太平洋戦争末期の沖縄戦で、軍指揮官が「集団自決」を命じたとする本の記述をめぐる訴訟は9日、大阪地裁(深見敏正裁判長)で引き続き口頭弁論があり、ノーベル賞作家の大江健三郎さんが出廷。座間味、渡嘉敷両島での集団自決について「軍の命令があったと考えている」と証言した。

 大江さんは証言に先立ち陳述書を提出。この中で「集団自決は戦争下の国、日本軍、現地の軍までを貫くタテの構造の力で島民に強制された。命令書があるかないかというレベルのものではない」との考えを示した。

 両島で1945年3月に起きた集団自決をめぐり、大江さんの「沖縄ノート」など3冊の本は守備隊の命令があったと記述。座間味島の守備隊長だった原告梅沢裕さん(90)らは「誤った記述で非道な人物と認識される」として2005年8月、岩波書店と大江さんに出版差し止めなどを求め提訴した。
もう言いたい放題ですな
つーか、この手の人間が「命令があった」とかを言えば言うほど
『生き延びた連中』の存在に違和感を覚えるのは俺だけでしょうか

口頭でこーしろあーしろ言うだけで、嫌なら逆らえるなら何の意味もない『指示』じゃないのかと
そして、絶対に逆らえないような『命令』だったのならばなんで生き残ってるのん?と言う話で・・・(==
[PR]
by xell_rainy | 2007-11-09 17:17 | ニュース関係
<< 『在日特権』 明るみに ゴミ曰く「マスコミには捏造の自... >>