相変わらず口先だけ

農家補償1兆円「積算根拠ない、確保宣言だ」…民主法案(読売新聞)



 民主党の「農業者戸別所得補償法案」の審議が、参議院の農林水産委員会で1日から本格的に始まった。

 答弁者席に座った民主党の平野達男氏は総額1兆円の補償額について「積算根拠はない。(農業振興に)1兆円は確保するという宣言だ」と述べた。これに対し、質問に立った山田俊男氏(自民)が「ともかくアドバルーンだけあげた法律ということか」と批判するなど、与党側が激しく反発した。

 民主党の法案は、コメ、麦、大豆などの農産物を対象に、販売価格と生産費の差額などに配慮して戸別の農家に補償するといった内容だ。

 補償額の総額を1兆円とした根拠について、平野氏は「1兆円という額は必要というところからスタートした」と答弁した。農林水産省の生産農業所得統計で、農家全体の所得が1994年の約5兆1000億円から2004年に約3兆3900億円へ減少しているなどと、発想の出発点を挙げた。

 さらに、財源についても「農水省の予算約2兆7000億円の中からは難しい。確たるものは決めていない」と答えるにとどまった。
ただでさえばら撒き発言は聞き飽きてるのに
今回に至っては平然と「財源決めてない、額の根拠もない」とは・・・

代表が「野党のうちは責任取らなくていい」と公言する民主は流石に違いますね
常に斜め上を行く( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-11-02 00:05 | ニュース関係
<< まず民主は財源を言え、話はそれからだ どう見ても馬鹿です >>