寝床も『支援』したら?

ホームレス眠れぬ夜 博多駅改修危険な「寝床」 工事台車真横を往来 騒音被害訴える声も JR、市対応に苦慮(西日本新聞)



 2011年春の九州新幹線鹿児島ルート全線開通に合わせ、工事が進む博多駅で、JR九州などが対応に苦慮する問題が生じている。夜間の工事が本格化し、駅で寝泊まりするホームレスに危険を及ぼしかねない事態になっているのだ。JR側は、福岡市に対応を要請したが、市は「緊急性が低い」などとして消極的だ。寒さが募るこれから冬にかけ、毎年駅には100人ほどのホームレスが集まる。人命にかかわる問題だけに、善処を求める声が上がっている。
 (経済部・西山忠宏)

 10月上旬の深夜午前零時半すぎ。駅コンコースにはホームレス約60人が段ボールや新聞紙などを敷いて眠りについていた。年配の男性が多いが、女性もいる。そのそばで作業員が台車を押して移動させたり、重機を走らせたりしている。コンコースに重機のけたたましい音がいつまでも響く。

 ホームレスの男性(50)は午前零時ごろから同5時ごろまでコンコースで寝る。「工事の音で何度も目が覚め、熟睡はできん。でも駅で危ない目にあったことはなく、公園より安全だ」と話す。

 駅ではJR九州などが新博多駅ビルの建設工事や、九州新幹線ホームの設置工事などを進めている。コンコース内での作業は深夜から早朝まで続き、11年春近くまで行われる見込みだ。

 JR側は、ホームレスにコンコースから移動するよう声を掛けているが、効果は薄いという。

 工事が本格化してきた8月上旬、JR九州とJR西日本は、ホームレスを受け入れる自立支援センターの設置を福岡市に要請した。駅は公園などに比べ、安全で暖かく、周辺には空き缶回収などの仕事も多い。寒さが厳しくなるにつれ、ホームレスが増え、工事の危険度がさらに高まることが予想されるためだ。

 だが、市は対応に動いていない。理由を「気になっているが、危険な場所に自らいる人たちよりも、高齢などで保護の緊急性が高い人や自立への意欲が強い人を優先的に支援している。博多駅までは手が回らない」(保護課)と説明する。

 ホームレスに食料などを提供している支援団体「ニューライフ」(事務局・福岡市)の市橋正事務局長は「工事で命にかかわる事故が起きてからでは遅い。福岡市が受け入れ施設を造るなど解決を図るべきだ。相当な費用がかかるため民間団体だけで解決するのは難しい」と話している。
ホームレスがどっかに行くか支援団体が自宅で受け入れりゃいいじゃん( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-10-17 19:25 | ニュース関係
<< また増えた いいからまずは物証だ >>