元凶は公園造った市だってのに

公園の噴水遊びを騒音認定、「基準超す」と使用停止に(読売新聞)



 東京都西東京市緑町の「西東京いこいの森公園」の噴水で遊ぶ子供の声がうるさいとして、近くに住む女性が騒音差し止めの仮処分を申し立て、東京地裁八王子支部が噴水を使用してはならないとする決定を出していたことがわかった。

 決定は1日に出され、同市は翌2日から噴水を止めている。

 同公園は、旧東大原子核研究所の跡地を利用して、市が2005年4月に開設した。敷地面積は4万4000平方メートルで、噴水は、遊具などが置かれた広場の中にある。複数の噴水口から水が断続的に噴き出す仕組みで、水の間を縫って遊べるようになっている。

 決定書などによると、噴水と女性の家とは数十メートル離れている。都環境確保条例の騒音規制では、この地域の午前8時~午後7時の基準値を静かな事務所内に相当する50デシベルと定めているが、市が観測したところ、噴水で遊ぶ子供の声は女性の自宅付近で60デシベルと、基準値を超えたという。

 女性は病気療養中で、不整脈や不眠の症状があり、水遊びをする子供の声が精神的不安や苦痛をもたらすなどと主張。これに対し、市側は、子供の声は騒音とは言えず、他の住民の苦情もないとして、基準値を超えていても受忍限度を超える騒音にはあたらないと反論していた。

 同支部の決定は、水遊びが出来ない構造にするなど、子供が歓声をあげることのない噴水を設置することは可能だったとして、女性宅付近での子供の声の大きさが基準値を超える状態で噴水を運転することを禁じた。女性の代理人の弁護士は「騒音問題について関心が高まっている今の時代、市はもっと注意を払ってほしい」と話している。
この件についてニュー速+のスレに最初のほうから居続けてるんですが
>陳情第24号 「西東京いこいの森公園」の騒音対策要請についての陳情
>
>陳情事項
>1 西東京いこいの森公園から発せられる騒音(特に、以下の(1)から(5)までの発生
> 場所・原因によるおのおのの騒音)に対して、東京都の「都民の健康と安全を確保
> する環境に関する条例」に適合するように、実効力ある対応策を講じていただきた
> い。
>(1)水遊びの遊具
>(2)スケートボードパーク
>(3)土曜・日曜・祭日に開催されるイベント(特に、楽器演奏や拡声機からの声)
>(4)夜間に複数の学童・児童が集まって騒ぐ声
>(5)夜間に公園に乗り入れしているオートバイの音

・先に住んでいたのは女性、公園が後に作られた
・広い公園内でわざわざ民家に近いところに噴水設置
・都環境確保条例の騒音規制を超えているのは事実
・規制に準じるよう対策を要求し続けるも市は行動を起こさなかった→訴え
・要求は「噴水を取り潰せ」ではなく「公園から出る音(上記1~5)が小さくなるように対策してくれ」
・地裁は「女性宅付近での子供の声の大きさが基準値を超える状態で噴水を運転することを禁じた」のであって
 「2度と噴水を動かすな」と命じたわけではない
 →防音対策が行われればまた遊べるようになる
・噴水だけでなくスケボーの使用も禁止された
・衛生上の問題から噴水を停止するよう求める別の陳情もあった

・あくまで『女性vs市』であって、『女性vs子供&親』ではない
 よって「子供の躾が」とか「子供達の遊び場が」とか「昔はみんな子供だった」とかはどうでもいい
・60デシベルなんて小さいだろ、というなら条例に文句を言え
と、何度言っても
「子供の遊び場を奪うババアは氏ね」的なのとか
「キ印みたいに騒ぐガキは氏ね」的なのとか
ろくに読まずに脊髄反射で喚く馬鹿がわき続ける方がよっぽど問題な気がしないでもない今日この頃
[PR]
by xell_rainy | 2007-10-06 18:49 | ニュース関係
<< 秋の味覚 まず車に乗るな >>