まず車に乗るな

愛車の燃料は天ぷら廃油 日本一周で「エコ」伝える(東京新聞)



 名古屋市中村区出身の横浜国立大生、真鍋卓也さん(20)と友人のフリーター下田賢一さん(25)=横浜市=が、使い終わった天ぷら油を燃料にするSVO(植物性廃油)車で日本一周の旅に挑戦している。伝えたいのは、肩ひじ張らないエコ心だ。

 非政府組織(NGO)「ピースボート」の世界をめぐる船旅で2年前に出会った2人は、解けて岩肌が見えた氷河や、貧困にショックを受けた。帰国後、何かできないかと考え、環境に関する本の企画書を出版社に持ち込んだが、門前払い。行き詰まった時「しんどい思いで伝えても、広がらない。楽しまなきゃ」と発想転換した。

 捨てる油を有効利用するSVO車を知って愛用者に依頼し、中古のディーゼル車にフィルターや燃焼性を高めるヒーターを付けて改造。車両代を含め約100万円はアルバイトでためた。8月10日に横浜市を出発。太平洋側から北海道を回り日本海側を南下。いまは名古屋市に滞在中だが6日には三重県に入り、横浜市への年内ゴールが目標だ。

 天ぷら油をもらうため、うどん店や旅館に飛び込むが多くは業者に回収されており成功は4、5軒に1軒。それでもこれまで1000リットルほどをもらい、約8500キロを快走してきた。日本海側では海鮮料理が主流で天ぷら店が見当たらず、ガス欠寸前の危機もあった。

 夜は車で寝るか、ホームページを見てメールをくれた人の家に寝泊まり。車体は「廃油で日本一周」とのメッセージと、出会った人がエールを書いた100枚近いシールで彩られ、信号待ちの運転手からも「頑張れ」と声が掛かる。

 「ちゃらちゃらした同じ世代の人が興味を持ってくれたときがうれしい」と真鍋さん。「小さくていいから自分ができることを始めて」と願う。下田さんも「流行の服を着たいと思うみたいに気持ちが伝染すれば」。ホームページで旅日記を公開している。 http://egoecodrive.michikusa.jp/

 (中日新聞)
>ちゃらちゃらした同じ世代の人が興味を持ってくれたときがうれしい
って、どんだけ上から目線なのやら
「エコ活動する私ってかっこいー」みたいな自己陶酔でもしてるんでしょうな、きっと

つーかそもそも自動車で排ガス撒き散らしながら「エコ心」ってアホかと(==
チャリでやれチャリで
[PR]
by xell_rainy | 2007-10-04 20:03 | ニュース関係
<< 元凶は公園造った市だってのに 点睛を欠く・・・どころかそもそ... >>