明らかにミスキャスト

国連の気候変動ハイレベル会合が開幕へ…特使に森元首相(読売新聞)



 【ニューヨーク=白川義和】70人以上の首脳を含む世界約160か国の代表が地球温暖化など気候変動問題を話し合う国連主催のハイレベル会合が24日午前(日本時間同日夜)、国連本部で開幕する。

 気候変動問題への対応で、これだけ多数の首脳が一堂に会し、討議を行うのは初めて。温暖化が環境に与える深刻な影響が世界各地で指摘される中、2012年に期限切れを迎える「京都議定書」後の枠組み作りに向け、各国が危機感を共有し始めたことを示すものだ。

 会合には、サルコジ仏大統領、メルケル独首相、ライス米国務長官らが参加。「京都」後の枠組み作りの交渉の起点となる12月の国連気候変動枠組み条約第13回締約国会議(インドネシア・バリ島)を前に政治的機運を高める狙いがある。

 日本は当初、安倍首相が出席に意欲を見せていたが、辞任表明に伴い、森喜朗元首相が急きょ、特使として派遣された。

 会合を提唱した潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、「京都」後の枠組み作りに関し、「2009年までの合意達成を目指し、指導者レベルで強いメッセージを発したい」と強調してきた。各国の代表は会合で、<1>気候変動への「適応」<2>温室効果ガス排出削減などの「緩和」<3>対応策としての「技術」<4>途上国が必要とする「資金」の4テーマに分かれて演説する。

 同日の会合終了後、潘事務総長が議長総括を発表する。
いまさら森なんか引っ張り出してどーするんだか
下手なこと言うなよ・・・頼むから

そして締めで空気読めない事務総長が
「日本は環境問題対策のために無償で技術を周辺国へ提供するニダ<丶`∀´>」
とか斜め上なこと言い出さないかなー、とか思ってたり思ってなかったり
[PR]
by xell_rainy | 2007-09-24 21:50 | ニュース関係
<< 斧を使ったのは合理的な判断 『月末』だなぁ・・・ >>