12条13条もよく読みましょう

暴走族の集会禁止条例は合憲(NHK)



広島市は、暴走族の問題が相次いだのを受け、5年前、全国で初めて市が管理する公園や道路などでの暴走族の集会を禁止する条例を制定しました。この条例に違反したとして起訴された暴走族の取りまとめ役の長田竜介被告(27)は「条例は集会の自由を保障した憲法に違反する」として無罪を主張していました。1審と2審はいずれも執行猶予の付いた懲役4か月の判決を言い渡したため、長田被告が上告していました。18日の判決で、最高裁判所第3小法廷の堀籠幸男裁判長は「暴走族の集会が市民の平穏な生活を損ねてきたことや、そうした活動を防ごうと条例ができたことを考えると、憲法に違反しているとまでは言えない」と指摘し、上告を退けました。判決では、5人の裁判官のうち2人が「規制の対象がはっきりせず、暴走族でない人たちの集会の自由まで損なわれるおそれがある」と指摘し、条例が憲法に違反するとの反対意見を述べました。
とりあえずこれ置いておきますね(´-ω-)っ『判決主文』(pdfです)

『自由』を掲げたところで公共の福祉に反することは許されない
と、いう実にシンプルな結論で終わる話ですな

それにしてもどこぞの"市民団体"が入れ知恵してそうな主張ですね
広島+暴走族でない人たちの集会→基地外系集会、としか思えませんし( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-09-18 18:24 | ニュース関係
<< 行ったら帰ってこなくていいです リフォーム業者VS爺様 >>