喫煙は自殺をまねk・・・?

喫煙指数60以上の人は2倍の自殺リスク(日経ビジネス)



 9月10日からの1週間は「自殺予防週間」。命の大切さを訴える啓発活動が各地で行われますが、自殺の危険を示すサインとして、「たばこ」が注目されています。

 厚生労働省研究班の大規模疫学調査によると、1日の喫煙本数が多い人や喫煙指数(喫煙の総量を表す数字)が高い人ほど自殺の危険が高まることが分かりました。

 この調査は40歳から69歳までの男性約4万5000人を対象に、たばこと自殺との関係について追跡調査したものです。

 追跡期間は約8.5年で、この間に173人の自殺者が確認されました。たばこを吸わない人、やめた人、吸う人の3つのグループに分けて自殺リスクを調べたところ、たばこを吸うグループはすわない人たちに比べて自殺リスクは30%高くなっていました。吸い始めてからの年数は自殺リスクと関係ありませんでした

 吸う人のなかでも1日の喫煙本数が多くなるほど自殺リスクが高くなり、1日に40本以上吸う人は20本未満の人に比べて1.7倍にもなっていました。

 さらにある時点までにたばこを吸った総量をあらわす喫煙指数(ここではPack years:1日の喫煙本数÷20×喫煙年数)別にみると、喫煙指数が60以上(例えば1日40本以上を30年間吸っている場合=40÷20×30)の人は吸わない人に比べて2.1倍と、統計学的に見ても明らかに自殺危険が高いことが明らかになりました。

 わが国の年間自殺者は2006年まで9年連続で3万人を超えており、20~44歳までの男性と15~34歳までの女性では死因の第1位が自殺です(2005年人口動態統計)。警察庁の調べでは、自殺原因の1位は健康問題、次いで経済生活問題、家庭問題などが続いています。しかし同庁では「自殺の背景にはうつ病や統合失調症、アルコール障害などの心の病が隠れている」と指摘しています。

 厚労省研究班では、「たばこと自殺を結びつける具体的なメカニズムはよくわからないが、喫煙者はうつ病のリスクが高く、うつ病を介して自殺のリスクが高まるのでは」と推測しています。今回の調査から1日の喫煙本数の多い人は心の健康にも注意を払う必要がありそうです。

 この研究の詳細は、「中年期男性における喫煙と自殺の関連:日本の地域住民対象コホート研究より」を参照してください。
煙草を吸う→自殺、じゃなくて
もともと自殺する傾向にある人間(過度のストレスとか鬱とか)がはけ口的に喫煙してるだけのよーな気が

あと、たった173人では統計学的に見て正しいデータが取れているとは思えませんね
せめて自殺者2000~3000人分は調べないと( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-09-11 09:55 | ニュース関係
<< 信憑性の欠片もない『証言』に何... お前が言うな>共産 >>