相変わらず空気の読めないNHK会長

NHK会長、受信料値下げ幅の拡大に難色(読売新聞)



 NHKの受信料値下げ案に対し、経営委員会がより一層の値下げを求めている問題について、NHKの橋本元一会長は6日の記者会見で、「執行部案はぎりぎりの線。譲歩する余地を見いだすのは難しい」と述べ、値下げ幅の拡大に難色を示した。

 受信料値下げ案は、NHKが今月末に発表を予定している次期5か年経営計画の目玉。執行部側は経営委に対し、一律月額50円引きした上で、口座振替などの利用者はさらに50円引き下げる案のほか、一律100円値下げ、口座振替などの利用者のみ100円値下げの3案を提示している。

 執行部案では最大約7%の値下げになるが、古森重隆・経営委員長(富士フイルムホールディングス社長)は「もう少し努力しないと国民は納得しない」と10%以上の値下げを要望。審議を10月中旬まで延長する可能性も示唆している。

 これに対し、橋本会長は「デジタル化のための費用など、(今後多額にかかる)必要経費の根拠を説明していく」と述べ、予定通り今月末までに値下げ額を決定する方針を強調した。
ろくなことしてない社員の給料カットすれば必要経費なんかすぐに捻出できるでしょ^-^

20%値下げ&放送内容の質向上&社員の給料軒並みダウン
ぐらいしたら不払いも減ると思うよ( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-09-06 20:10 | ニュース関係
<< 極端な増加 台風⑨ >>