異常な数字は正常な反応

光・母子殺害:弁護人への懲戒処分請求、全国で3900件(毎日新聞)



 山口県光市で99年4月に起きた母子殺害事件で殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(26)の弁護人に対し、懲戒処分を求める請求が、全国で少なくとも3900件出されていることが分かった。06年の全国の請求総数約1300件の3倍に上る。

 広島高裁での差し戻し審では、死刑に反対する全国10弁護士会の22人が弁護団を編成。「母に対する人恋しさに起因する母胎回帰」と殺害の背景を主張するなど、強姦目的や殺意を否認している。日弁連などによると、この事件の弁護人らが所属する弁護士会への懲戒請求が激増したのは今年5月末ごろ。橋下(はしもと)徹弁護士(38)がバラエティー番組で懲戒請求を促すような発言をした時期と一致する。橋下弁護士は個人ブログで「弁護士というのはこんなふざけた主張をするものなんだと印象付けた今回の活動は、完全に懲戒事由にあたる」と持論を展開している。

 日弁連や各地の弁護士会は、刑事弁護に理解を求める声明を出したが、既に調査を始めたものだけで請求は3900件(3日正午現在)に達した。「裁判の遅延」を批判する内容が多いという。日弁連は「請求の是非についてコメントは控えるが、異常な数字だ」としている。
いやー、「民意」って怖いですね(==

橋下さんが煽ったかのように言ってるけどあの人が言ったのはおおむね「懲戒請求というものがある」ってなこと
「懲戒請求」を知らない(けれど弁護団の被害者を侮辱するかのような行為に腹を立てている)人が「懲戒請求」の存在を知ればこうもなりますわな

刑事事件の弁護だろうがなんだろうが主張がころころころころ変わる上に
「魔術的儀式」だのとほざいてちゃ『誠意を持って公正なる裁判を行っている』とはとても思えませんしねぇ


この件で浮き彫りになったのは「第三者から見た弁護団の主張の異常さ」ってなところでしょうね
[PR]
by xell_rainy | 2007-09-05 07:17 | ニュース関係
<< また朝日関連から犯罪者が きっちりやり通せるかが問題 >>