これだから大阪は・・・

<世界陸上>手配ミスで部屋ない エリトリア選手、床で一夜(Yahoo!ニュース - 毎日新聞)



 開催中の世界陸上大阪大会で、エリトリア選手団の選手ら5人が開幕2日前の23日、指定先のホテルに宿泊しようとしたが部屋が確保されず、1階ラウンジの床に毛布を敷いて夜を明かしたことが分かった。マラソンと一万メートルでそれぞれ4位となった男子選手2人もいた。その後も宿泊を巡る混乱は続き、ベイエネ・ルサム団長(54)は「いいコンディションで競技に臨みたかった」と大会運営に強い不満を訴えている。【石川隆宣、渋江千春、花岡洋二】
 滞在先は大阪市などで作る大会組織委員会が市内6カ所のホテルを選手村として用意し、滞在先の割り当ても担当していた。同選手団は、団長が20日に来日、23日夜に男女選手とコーチの5人が大阪市内の指定先ホテルに到着した。事前に申告した人数だった。
 同選手団によると、ホテルにいた組織委の担当者に「部屋がない」と言われた。担当者は待機を指示。だが、結局部屋は用意されず、選手らは24日未明になって、1階ロビーから続くラウンジの隅に椅子を動かして場所をあけ、フロントで借りた毛布12枚を敷いて夜を明かしたという。
 24日早朝、見かねた同国の隣国であるジブチ選手団が、自室の空きベッドを提供し3人が休んだ。同日夜、3人は別のホテルに用意された部屋に泊まったが、2人は部屋がなかったため、ジブチ側の好意により相部屋で3泊したという。ジブチ選手団関係者も「組織委が大混乱していた。相部屋ではリラックスできない」と話した。
 マラソンに出場したヤレド・アスメロン選手(27)は24日以降、ジブチ選手団と相部屋。同日夜、コーチと別々の場所に泊まることになったため、朝早く始まったマラソンに向け、十分な打ち合わせをすることができなかったという。団長は「肉体的にも精神的にも、大きな影響があった。今更、謝罪されても、どうしようもない」と嘆いた。
 ◇足りないのは事実
 ▽大会組織委の内山泰博広報室長の話 全体に選手・関係者の来日が多く、指定のホテルの部屋が足りなくなったのは事実だ。だが、別のホテルを用意していた。エリトリアの選手が床で寝たことは報告も受けていないし、確認していない。
独断と偏見が多々入ってるとは我ながら思いますが

ほんとに別のホテルが用意されてそこにすぐ入って休むことが出来たなら
わざわざエリトリアの人がジブチの人と口裏合わせてまでそんなこと言うとも思えませんし(チョンじゃあるまいし)
「報告も受けていないし、確認していない」って、管理運営体制がなってないだけじゃないのかと

なんかまた大阪のせいで日本の評判が下がったよーな気がします


関連記事
歓迎 世界陸上ご一行様 “特需”にホテルてぐすね(産経新聞)
>天王寺都ホテル(阿倍野区)は、組織委の幹部や海外企業のトップなどVIP専用のホテルに指定され、開幕2週間前の12日から閉幕までで延べ1500室を確保した。
>天王寺都ホテル(阿倍野区)は、組織委の幹部や海外企業のトップなどVIP専用のホテルに指定され、開幕2週間前の12日から閉幕までで延べ1500室を確保した。
>天王寺都ホテル(阿倍野区)は、組織委の幹部や海外企業のトップなどVIP専用のホテルに指定され、開幕2週間前の12日から閉幕までで延べ1500室を確保した。
こ れ は ひ ど い
[PR]
by xell_rainy | 2007-08-29 21:03 | ニュース関係
<< 銃社会だしねぇ 内閣新人事についての寸感 >>