新たな一二三伝説

★将棋の加藤一二三九段が1000敗目 半世紀活躍の証(朝日新聞)



 将棋の元名人、加藤一二三(ひふみ)・九段(67)が22日、公式戦では歴代初の1000敗目を喫した。タイトル戦やリーグ戦などの大舞台で対局を積み重ねなければ達成できない記録で、半世紀以上にわたって第一線で活躍してきた証しともいえる。

 加藤九段はこの日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であった朝日杯将棋オープン戦の予選で、新鋭の戸辺誠四段と対戦して敗れた。

 これまでの対局数2262局は、すでに故大山康晴十五世名人を抜いて歴代最多を更新中だ。通算勝率は5割5分8厘。

 加藤九段は54年、歴代最年少の14歳でプロになり、18歳でトップ10のA級に駆け上がった。82年に当時の中原誠名人を破って名人になるなど、タイトルは通算8期獲得、棋戦優勝は23回。名人・A級は通算36期在籍した。60代後半になったいまも、名人位につながる順位戦では中間のB級2組に在籍し、若手棋士と深夜に及ぶ激闘を繰り広げている。
負けたことまで記録になるってのもすごい話ですな(==

これまでの伝説はこちら→加藤一二三九段伝説
[PR]
by xell_rainy | 2007-08-22 15:01 | ニュース関係
<< 性犯罪再犯対策 真面目に『教師』をやったら戒告... >>