真面目に『教師』をやったら戒告処分喰らうようなこんな世の中じゃ

体罰で中学校教諭を戒告処分 (20日)(北陸朝日放送)



県教育委員会は20日、男子生徒2人の頭を平手でたたいたとして、奥能登教育事務所管内の中学校教諭を戒告処分にしました。処分を受けたのは55歳の男性教諭です。県教育委員会によりますと7月上旬、この男性教諭が、廊下を走っていた男子生徒2人を注意しました。しかし、生徒が注意を受けた後また走り出したため、平手で頭をそれぞれ1回たたいたということです。生徒にけがはありませんでした。学校側はその日のうちにPTAの役員に対して経緯を説明するとともに、2人の保護者にも謝罪したということです。県教育委員会では「体罰については日ごろから注意を喚起してきたが、防ぎきれず誠に残念です」とコメントしています。(19:02)
県教委も学校も親も腐りきってるなぁ・・・

「学校は社会の縮図」と、昔から言うわけですが
それで行けば「ルールを破ったものへの体罰禁止」って
「犯罪者に懲役を科してはならない」とかに相当する無法だと思うんですが

なんで誰もつっこまないんだろう
[PR]
by xell_rainy | 2007-08-21 18:12 | ニュース関係
<< 新たな一二三伝説 ASEAN+1 >>