笑えないパフォーマンス・・・?

パリにメード喫茶 当惑気味の仏人客…癒される?(産経新聞)



 ご主人さま、お帰りなさいませ、ボンソワール-。パリの目抜き通りシャンゼリゼの近くにあるレストラン内に2日、東京・秋葉原発祥とされるメード喫茶が臨時開店し、フランス人客は当惑気味だった。

 レストランのアトラクションの1つ。お笑いパフォーマーとして夫とともにフランスで活動中のロマネスク宮前さん(30)=本名・宮前寛子さん=ら日本人女性7人がメードの装いで飲み物などを給仕した。

 フランス人客は物珍しそうに見ていたが、言葉の問題もあってメードから「癒やし」の気分を得るのは難しい様子。フランス人ジャーナリストの男性(31)は「日本に何度か行ったことがありメード喫茶は知っていたが、見るのは初めて。パリでも流行する可能性はある」と笑顔で話した。

 宮前さんらは今後、6月までパリ各地に出向き、メード喫茶を臨時開店させる予定だ。(共同)
元記事の写真見たけどこの歳この顔では無理だろ・・・常識的に考えて・・・(AAry
もっと若くて見た目がいいか
もっと老けてて落ち着きがあるかだったら受けるかも知らんが・・・

「珍獣」以上の扱いになる気がしませんな( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2007-03-03 20:25 | ニュース関係
<< 限界を超えてみる 最高裁「サボるな( ゜Д゜)、」 >>