次期国連事務総長(候補)の抱負

国連総長選:「重い責任感じる」就任内定で潘・韓国外相(毎日新聞)



 【ソウル中島哲夫】次期国連事務総長への就任が事実上内定した潘基文(バンギムン)韓国外交通商相は3日、ソウルで「国連安保理の信頼と支持に深く感謝する。結果をうれしく受け止めると同時に、重い責任を感じる」と表明した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 潘氏は選出が確定したわけではないことを指摘しつつ、「(国連の)全加盟国の支持を受けられるよう引き続き努力する」と言及。さらに、韓国民の「関心と声援」に謝意を表明するとともに、「期待を裏切らないよう最大限努力して、我が国の国益を伸長させ、外交の幅を広げる」と事務総長就任をにらんだ抱負を述べた。批判の的になっている国連の非効率性、不透明性を改革する姿勢も示した。
どんだけ愉快な自爆をしてくれるかと思うと
(・∀・)ニヨニヨが止まりません
[PR]
by xell_rainy | 2006-10-03 15:21 | ニュース関係
<< 大阪民国的行動? 一審は最終判決ではない >>