少なくともおまえらは『美しくない』側だろう

【天声人語】2006年09月02日(土曜日)付(朝日新聞)



 新刊の著書の題を「美しい国へ」とし、立候補の記者会見では「美しい国日本」を繰り返す。安倍官房長官は、どうしても「美しい国」を自民党総裁選のキャッチフレーズにしたいようだ。

 「美しい」という言葉は耳に響きがいいし、反対も唱えにくい。「美しい国へ」と言うからには、今の日本には美しくないところがあると考えているのだろう。

 確かに現実の社会は生やさしいものではないから、美しくないところもある。その美しくない点は何なのかを明示し、どう美しくしてゆくのかが具体的に示されないと、「美しい」という言葉は空虚に響く。

 安倍氏は『美しい国へ』(文春新書)で、政治家を「闘う政治家」と「闘わない政治家」に分けて見る、と書いた。闘う方とは「ここ一番、国家のため、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する政治家」だという。

 一政治家の意気込みとしては理解できる。しかし、「闘う政治家」が、どんな場合にも日本を「美しい国へ」導くとは限らないだろう。「国家のため」という旗印のもとで、悲惨な道をたどった国は少なくない。スパッとは割り切れないことについて、より悪くない選択をするのが政治家の務めではないか。歯切れの良い「二分法」は、時には危うさにつながる。

 総裁選は、安倍氏が優勢という。戦いとしては、興趣は薄いかも知れない。しかし自民党は、05年分だけで157億余円の税金を政党交付金として受けている。それに見合うまっとうな論戦と選考とを示せないようでは、美しい、とは言えない。
俺としては薄汚いアカのマスゴミを全部つぶして綺麗さっぱり漂白してくれれば嬉しいんですがねぇ(==
[PR]
by xell_rainy | 2006-09-02 18:43 | ニュース関係
<< 『靖国に位牌がある』と、勘違い... 台風ついに到来? >>