由緒卑しき差別主義者

ちょっと古いモノですが

読んだもん勝ちBLOGの『戦犯・東条英機の息子』と言うエントリーのこと



以下本文引用
「昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を示していた」というニュースを読んで、何より驚いたのは、東条の息子が三菱自動車の会長をしていたということ。唖然とする。

遠慮や反省というものはないのだろうか。
東京裁判は不公正なものであったが、戦争体験世代で「東条に罪はない」と思う人はいないだろう。父はいつも言っていた。
「戦陣訓をつくっただけで万死に値する」と。

日本の戦後体制って、こんなにいい加減なものだったのだ。
戦争責任の追求も何もあったものではない。
軍国主義の根を絶つどころか、人脈が延々と続いているのである。

元関東軍(旧満州地域の日本陸軍)参謀の瀬島龍三は、
財界の重鎮として居座り続け、中曽根内閣のブレーンまで勤めた。
A級戦犯として逮捕されたが起訴を免れた岸信介は総理大臣になり、日米安保体制を敷いた。その孫が安倍官房長官だ。
例を挙げていけばきりがない。

改めて怒りが湧いてくると共に、日本再民主化の必要を痛感する。
これによると、「いわゆる『戦犯』は子孫まで罰せられなきゃならない」よーです

ところでこのブログのサブタイトルにはこう書かれています
>人権問題を中心に生活文化と社会のあり方を考える「問題提起サイト」ヘようこそ!

さて、改めて上の文章を見てみましょう

・・・どう見ても人権無視の血縁差別です。
本当に(ry


ちなみにこの人
批判全てを『ストーカーまがいの悪質なコメント』とか言って新しめのエントリーではコメント欄閉じてます(==
[PR]
by xell_rainy | 2006-08-19 09:17 | blog炎上系
<< 放火犯曰く、「俺たちが消化器持... 産経から朝日へ文通 「火付けは... >>