RTS風に歴史のお勉強

歴史をリアルタイムストラテジー風に表示する3D地球儀「ガイアチャンネル」(窓の杜NEWS)
地球儀をマウス操作でグルグル回転させ、世界各国の歴史を鑑賞しよう



 中学校や高校の教科書で習う過去5千年の日本史・世界史を、リアルタイムストラテジーゲーム風に3D地球儀上へ表示するソフト「ガイアチャンネル」v1.02が、7月7日に公開された。Windows 98/Me/2000/XPに対応するシェアウェアで、価格は5,250円(税込み)。現在、ベクターのライブラリからダウンロードできる。なお、ライセンスキーを購入するまでは、本ソフトの起動が最大5回までなどの試用制限がある。

 「ガイアチャンネル」は、地球の歴史をリアルタイムストラテジーゲーム風に表示する3D地球儀ソフト。地球儀は時間経過とともに変化する仕組みになっており、紀元前3100年から時間が進み始め、歴史上で重要な出来事が起こった年月日になると、地球儀上にアニメーションとテキスト文が表示されて地球の歴史を簡単に解説してくれる。たとえば第2次世界大戦では、ミニチュアの戦車や戦艦などが地球儀上に登場し、各国の戦況を描いていく。

 地球儀は、マウス操作で上下左右に回転したり、拡大・縮小できるほか、画面下部に表示されている地球全体の地図をクリックすれば、瞬時に該当地域へ移動することが可能。また、時間経過は早送りや巻き戻し、停止を使って自由にコントロールでき、通常の再生速度も調整できる。さらに、出来事や人物などを歴史年表から選択することで、該当時期へ時間移動することが可能。

 そのほか、何らかの出来事が起こったときに、その地域へ自動で移動するオプションが用意されており、地球全体の歴史を鑑賞したいときに便利。また逆に視点を固定し、対象地域を中心にして地球の歴史を鑑賞するといった使い方もできる。
もの凄く気になる

某半島の歴史がどうなってるかとか(==
[PR]
by xell_rainy | 2006-08-05 12:19 | ニュース関係
<< はいはいカスラックカスラック 影に追いやられる赤い奴 >>