「ほっ」と。キャンペーン

ウホッ、いいゲイ→盗 ら な い か

淫夢が悪夢に…「夢の島」ゲイご難!高校生らが裸の男性袋だたき(サンスポ)



夢の島でまたもゲイ襲撃!! 東京都江東区に住む都立高生(18)ら少年4人が、アルバイト男性(34)を袋だたきにして現金を奪った強盗傷害容疑で、警視庁に逮捕されたことが27日わかった。現場の「夢の島総合運動場」などは、ゲイ男性が出会いを求める“ハッテンバ”としても知られる。男性は自己アピールのため全裸でクルージング中に襲われた。4人は「ゲイなら警察に届けないと思った」と供述。遊ぶカネ目当ての余罪があるとみて追及している。



“ゲイ狩り”で逮捕された4人は、都立高3年、無職、それに私立高3年2人の17~18歳で、江東区の中学の同級生だった遊び仲間。

城東署の調べによると8日午後9時すぎ、同区の夢の島総合運動場の遊歩道で、板橋区に住むアルバイト店員の男性(34)に殴る蹴るなどの暴行を加え、2万1000円を奪った疑い。男性は全身打撲の重傷。

男性は被害に遭った時、靴は履いているものの一糸まとわぬ全裸で、夜の公園内を巡り歩いていたのだ。なぜか…。

実は、同運動場と道路を挟んだ「夢の島公園」は知る人ぞ知るゲイ男性のハッテンバ。駒沢公園(世田谷区)など都内の数あるハッテンバの中でも“過激さ”で知られ、別の意味の“夢の島”なのだ。

捜査関係者は「昼夜を問わず、同性愛者が各地から集まって来る。全裸で肌を焼いている男性の姿が、すぐわきを走るJR京葉線の車窓から見えるほど。事件当夜も裸で歩いていたのは、被害男性だけではないだろう」と話す。

「見た目はふつうの青年」(同)という男性。同署に「相手を探すために、服を脱いでいた」と説明したという。公園までは当然服を着て来たが、「相手募集中」という意思表示のためにパンツまで脱ぎ、財布などと一緒にリュックに入れて背負っていた。

4人組は男性を襲った直後、約400メートルほど離れた同運動場内で千葉県浦安市のトラック運転手の男性(56)も襲い、2週間のけがを負わせた。アルバイト男性の110番通報で駆け付けたパトカーのサイレンが聞こえたためカネを奪わず逃走したが、間もなく同運動場内で捜査員に取り押さえられた。

運転手男性は服を着ていたが「15年ほど前から出会いを求めて夢の島に通っている」というベテランだった。

調べに対し4人は「遊ぶカネが欲しくてやった。同性愛者なら被害に遭っても(同性愛を隠そうとして)警察に届けないと思った」と供述。バイクで現場に繰り出しては“獲物”を物色していたようだ。

同運動場や公園では先月以降、複数の同様被害があるといい、同署が4人の余罪などを調べている。

★平成12年には強盗殺人
6年前には殺人も-。夢の島総合運動場から夢の島公園を抜けて隣接する「夢の島緑道公園」では、平成12年2月10日に無職男性(33)が撲殺され、所持金8000円が奪われる事件があった。強盗殺人容疑で逮捕された当時中3と高1の少年と無職男(25)の3人は、やはり「同性愛者なら警察に届けないと思った」と供述した。城東署は「あの事件以降、夢の島一帯で同性愛者が狙われる事件はなかった。ただ、被害の届けがないだけで、実態としては起きていた可能性はある。地元の不良少年の間では『同性愛者を狙えば簡単』というのは共通認識のようだ」と話している。今回、被害者が警察に通報したことで模倣犯は減るか…。
ゲイなら大丈夫、と言う理屈はよく分からんのですが

とりあえず袋叩かれて玉が潰れなかったのはよかったですね^-^(袋違い
[PR]
by xell_rainy | 2006-07-29 04:30 | ニュース関係
<< めんつゆを作ってみる 爺さんを助けた婆さんs >>