爺さんを助けた婆さんs

福島市飯坂町の川でおぼれている男性を68歳と78歳の女性2人が救助(Yahoo!ニュース - フジテレビ系)



福島市飯坂町で、川でおぼれている男性を68歳と78歳の女性2人が救助した。
21日午後3時、78歳の男性が川で助けを求めているのを小川のすぐ近くに住む霜山アイさん(78)と小関和子さん(68)が発見した。
霜山さんは「『助けてください』と手を上げているから、どうしようもないので、隣に行って小関さん呼んできたの」と話し、小関さんは「『助けて、助けて、男の人、呼んで』と言うから、『この辺は男の人がいないんだよ。わたしが行くからね』って」と話した。
2人が救助に使用した物は、テレビアンテナのケーブルだった。
小関さんは「たばになっているのをある程度崩して、3回やり直しました。それで届いたんです。男性に」、「『つかまってるんだよ』って。それから『1、2、1、2』って、声をかけながら引きました」と語った。
2人は、力いっぱいケーブルを引っ張り、男性を無事救出した。
見事な救出劇を見せたこの2人に、28日、福島北警察署から感謝状が贈られた。
霜山さんは「一生に1回は良いことしたねって。やっぱり気持ちいいね、人を助けると」と話し、小関さんは「人生で一番の盛りかなと思っている」と笑顔で話した。
「働いたら負け」に続く『~と思っている』系名台詞誕生の瞬間です

しかしタイトルは
『福島市飯坂町の川でおぼれている78歳の男性を68歳と78歳の女性2人が救助』
とするのが真実を報道するモノに求められる姿勢では無かろうか
[PR]
by xell_rainy | 2006-07-29 04:26 | ニュース関係
<< ウホッ、いいゲイ→盗 ら な い か またNHKの不祥事発覚 >>