特亜のようなメンタリティ

昨日、今日と原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島とかやってるようですが
こんなことすること自体がまず理解できませんな
すでに和解して終わった話を未だにぐだぐだ持ち出すなんて・・・ねぇ

第一判事と検事と被告人(故人)だけで、弁護人もいないなんて
どう見ても『裁判』の形を使って一方的に叩きたいだけでしょうしね


確かに原爆投下は悪いことだった
が、全てはもう終わった話
核兵器廃絶を唱えるならならまずは他国に向かってミサイルをぶっ放す危険な独裁国家北朝鮮の核をどうにかしろ
故人をいいようにつるし上げたところでなんになるっつーんだ

馬鹿共が



●主催 「原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島」実行委員会


 来たる7月15~16日、『原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島』を開廷いたしま
す。原爆という大量破壊兵器による広島・長崎での無差別大量虐殺がいかに重大な「
人道に対する罪」であったかをこの法廷で明らかにする
ことによって、私たちは核兵
器と戦争の廃絶を目指します。

開廷日:2006年7月15日(土)、16日(日)
    7月15日(土):13:00~17:00
    7月16日(日):10:00~17:00 
    (休憩:12:00~13:00、15:00~15:30)
会 場:「メモリアルホール」(平和公園内、広島平和記念資料館地下)
     広島市中区中島町1-2 電話:082-242-7798
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/frame/Virtual_j/tour_j/guide2.html
傍聴参加費:2日通し券1,998円、1日券999円(学生等500円)

判事団:
 レノックス・ハインズ教授(国際法,刑法)米国・ラトガーズ大学 
  国際民主法律家協会(IADL)終身国連代表
  フィリピン国際民衆法廷判事(2005,8)
 カルロス・ヴァルガス教授(国際法)コスタリカ大学 国際反核法律家協会副会長
 家 正治教授(国際法)姫路獨協大学法学部

検事団:
 足立修一(広島弁護士会)
 井上正信(広島弁護士会)
 下中奈美(広島弁護士会)
 秋元理匡(千葉弁護士会)
 崔凰泰(韓国/大邱地方弁護士会)

アミカス・キュリエ(法廷助言者):
 大久保賢一(埼玉弁護士会)

告発者 被爆者 広島市民 長崎市民
被告人
 フランクリン・D・ローズヴェルト大統領
 ハリー・S・トルーマン大統領
 ジェームズ・F・バーンズ国務長官
 ヘンリー・スティムソン陸軍長官
 ジョージ・マーシャル陸軍参謀総長
 トーマス・T・ハンディ陸軍参謀総長代行
 ヘンリー・アーノルド陸軍航空隊総司令官
 カール・スパーツ陸軍戦略航空隊総指揮官
 カーティス・ルメイ第20爆撃軍司令官
 ポール・ティベッツ中佐(エノラゲイ機長)
 ウィリアム・パーソンズ大佐(エノラゲイ爆撃指揮官)
 チャールズ・スィーニー大尉(ボックスカー機長) 
 フレデリック・アシュワーズ中佐(ボックスカー爆撃指揮官)
 レスリー・グローヴズ少将(マンハッタン計画・総司令官)
 ロバート・オッペンハイマー(ロスアラモス研究所所長)

<プログラム(全て同時通訳付き)詳細>
http://www.abomb-hiroshima-tribunal.com/

<主催>
「原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島」実行委員会
共同代表:
坪井直(被爆者)
佐々木猛也(弁護士)
田中利幸(広島平和研究所教授)
<連絡先>
〒730-0004
広島市中区東白島町18-13-201足立修一法律事務所内
Tel:082-211-2441
Fax:082-211-3331
E-mail:info@abomb-hiroshima-tribunal.com
http://www.abomb-hiroshima-tribunal.com/

[PR]
by xell_rainy | 2006-07-16 12:50 | 馬鹿
<< どっちに立ってるんだか 何がなんでも靖国を問題にしたいTBS >>