職質警官受難の日々

職質の警官、顔を殴られ発砲 少年1人ケガ(産経新聞)



 10日午後9時ごろ、静岡県御前崎市新野の射矢ケ谷池(いやがやいけ)で県警菊川署の巡査部長(51)が少年2人に職務質問しようとしたところ、1人に抱きつかれたうえ、顔を10回ほど殴られた。巡査部長は威嚇のため拳銃(けんじゆう)を数発発射したが、このうち1発が1人の少年の左脇腹を貫通した。
 巡査部長は少年2人=ともに(17)=を公務執行妨害の現行犯で逮捕し、ケガをした少年を救急車で病院に搬送した。命に別条はないという。

 調べによると、巡査部長は午後8時ごろ「射矢ケ池でシンナーを吸っている少年がいる」との通報を受け、1人で現場に駆けつけていた。
相変わらず職質に赴く警官には危険がいっぱいみたいです
[PR]
by xell_rainy | 2006-07-11 10:17 | ニュース関係
<< 元気な爺様がた まさに『クソ野郎』 >>