逃げるんだったら一人でいけよ

「つらかったのでは」嘆願書1500通 奈良放火殺人(朝日新聞)



 奈良県田原本町(たわらもとちょう)の医師(47)宅が全焼し、母子3人が死亡した火事で、現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕された高校1年の長男(16)の処遇に配慮を求める嘆願書が1500通以上集まっていることを、担当の濱田剛史弁護士が8日、明らかにした。長男が通う奈良市内の中高一貫校の保護者有志が、保護者や卒業生らから集めた。

 嘆願書は手紙形式で、「勉強を強いられてつらかったのでは」「彼(長男)だけの問題ではなく、どこでも起こりうる」などの内容が多いという。濱田弁護士が8日、接見した長男に伝えると、「馬鹿なことをしたのに、やさしくしてもらってお礼を言いたい」と話したという。嘆願書について、濱田弁護士は「司法の手続きで、何らかの形で使いたい」としている。
この馬鹿共は致命的に間違えていることがある
それは『この火事で死んだのは父親ではなく母親と2人の子供』と言うこと
父親だけが死んだのなら、事件後に「接し方が根本的に間違っていた」とか「責任はすべて自分にある」とか言ってるわけで
まだ酌量の余地はあるかもしれんけど
放火という行動に至った最大の原因以外の人間を殺した以上
「つらかっただろうから~」などというのは痴者の妄言にも劣る

この犯人「今の生活から逃げたい一心で火をつけた」とか言ったらしいですが
ぶっちゃけ『家に火をつけて後先どうなるか考えもしないような低脳だから親父にしごかれてたんじゃないの?』と思えちゃうわけで



本 当 に 逃 げ た い な ら 樹 海 に で も 行 け っ て ん だ よ こ の ク ズ が
[PR]
by xell_rainy | 2006-07-08 23:22 | ニュース関係
<< 相変わらずアジア=特亜なNHK 行くべきではないと強く感じてい... >>