良心を期待するだけ無駄な人たち

良心をもたない人たち
──25人に1人という恐怖
(草思社 - 立ち読みコーナー)




 精神医学の専門家の多くは、良心がほとんど、ないしまったくない状態を、「反社会性人格障害」と呼んでいる。この矯正(きょうせい)不可能な人格異常の存在は、現在アメリカでは人口の約四パーセントと考えられている──つまり二五人に一人の割合だ。
 この良心欠如の状態には、べつの名称もある。「社会病質(ソシオパシー)」、ないしはもっと一般的な 「精神病質(サイコパシー)」。じつのところ罪悪感の欠如は、精神医学で最初に認められた人格障害であり、過去には譫妄(せんもう)(錯覚・幻覚・異常行動をともなう状態)なき狂気、精神病質的劣勢、道徳異常、道徳的痴愚(ちぐ)などという言葉も使われた。
 精神病の診断でバイブルとされている、アメリカ精神医学会発行の『精神疾患の分類と診断の手引』第四版によると、「反社会性人格障害」の臨床診断では、以下の七つの特徴のうち、少なくとも三つをみたすことが条件とされている。

 一、社会的規範に順応できない
 二、人をだます、操作する
 三、衝動的である、計画性がない
 四、カッとしやすい、攻撃的である
 五、自分や他人の身の安全をまったく考えない
 六、一貫した無責任さ
 七、ほかの人を傷つけたり虐待したり、ものを盗んだりしたあとで、良心の呵責(かしゃく)を感じない

 ある個人にこれらの“症状”のうち三つがあてはまった場合、精神科医の多くは反社会性人格障害を疑う。
 だが、アメリカ精神医学会の定義は、実際のサイコパシーやソシオパシーではなく、たんなる“犯罪性”を説明するものだと考え、精神病質者(サイコパス)全体に共通するものとして、べつの特徴をつけ加えた研究者と臨床家もいる。そのなかで最もよく目につく特徴の一つが、口の達者さと表面的な魅力である。
 サイコパスは、それでほかの人びとの目をくもらせる──一種のオーラとかカリスマ性を放つのだ。そのため彼らは、最初のうちは、まわりにいるふつうの人びとよりずっと魅力的でおもしろい人間に見える。ほかのだれよりも気さく、真剣、“複雑”、セクシー、楽しい、といった印象をあたえる。
 この「サイコパスのカリスマ性」は、オーバーぎみの自尊心をともなうこともあり、最初のうちは相手をおそれ入らせるが、よく知るにつれて、人はうさん臭さを感じたり、失笑したりするようになる(「僕がどれほど特別な存在か、いつか世界じゅうが知るようになるだろう」「僕とつきあったら、もうほかの男じゃ満足できなくなるよ」)。
 そしてまた、サイコパスはふつうの人より刺激にたいする欲求が強く、結果として社会的、肉体的、経済的、あるいは法的にリスクを冒すことが多くなる。特徴をあげると、彼らは人を惑わせて危険な冒険に引きずりこむ。共通して病的に嘘をつき、人をだます。あるいは“友人”に寄生虫のように寄りかかる。いかに高度な教育を受け、社会的な地位が高くても、幼年期に問題行動を起こした可能性もある。ドラッグをやったり、少年犯罪でつかまったりしたかもしれない。そしてつねに、いかなる問題にたいしても責任を感じない点は共通している。
 感情の浅さも、サイコパスのめだった特徴である。口では愛していると言いながら、その愛情は底が浅く、長続きせず、ぞっとするほどの冷たさを感じさせる。相手に感情移入することはなく、パートナーに心から興味を抱いて感情的きずなを結ぶこともない。魅力的な仮面がはがれ落ちたとき、彼らの結婚は愛のない一方的なものになり、短期間で終わることがほとんどだ。サイコパスにとって結婚相手が価値があるとすれば、それは所有物としての価値で、彼らは失うことに腹を立てるが、悲しんだり責任を感じたりすることはいっさいない。
 これらの特徴と、アメリカ精神医学会が作成した“症状”リストは、どちらも良心を欠いた精神状態が行動上どう現れるかをしめしたものだ。
 異常な、恐ろしいこの状態が、人口の約四パーセントに現実として存在するのだ。
ほとんどが当てはまる民族が存在します
何処の誰かは・・・言わずとも分かりますね(==
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-28 02:42 | ニュース関係
<< また夏が来る 毎日新聞編集局の嘘つき男、山田孝男 >>