タクシー運転手の受難

タクシー運転手、客に怒鳴られ直後に死亡(スポニチ)



 名古屋市西区の路上で22日、タクシー運転手長沼章次さん(68)が、乗客の男性会社員(33)に大声で怒鳴られるなどした直後に意識を失い、搬送先の病院で死亡が確認された。

 愛知県警西署の調べでは、会社員は22日午前0時半ごろ、同市中区で乗車し、自宅近くの路上で降車。料金をクレジットカードで支払おうとしたが、現金での支払いを求められたことから口論になった。会社員は「警察を呼べ」などと怒鳴った上、土下座して謝った長沼さんの頭を350ミリリットルのペットボトルで1回殴り、お茶をかけた。当時、会社員は酒に酔っていた。

 同署の司法解剖で、死因は急性心不全と判明。長沼さんは心臓に持病があった。同署はトラブルと死亡との因果関係などについて調べている。
また名古屋か、って言っていいですか('-`)

つーかこういう悪質な酔っぱらいは死ね、氏ねじゃなくて死ね
俺のような真っ当な酒飲みまで同列に扱われるかと思うと腹が立つ(==
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-27 01:12 | ニュース関係
<< タクシー運転手の受難 その2 野球人数でサッカー >>