更に進む?情報統制

中国、複数の検索エンジン使用不能 ネット検閲強化の影響か(産経新聞)



 【北京=福島香織】中国のインターネットで大手サイト「新浪」「捜狐」など複数の検索エンジンが19日からサービスを停止している。検索をかけると「アップグレード中」との画面が表示され、中国政府による検閲強化の影響との見方が強まっている。
 「捜狐」の技術担当者は産経新聞の電話取材に対し「政策方面に関する問題」と答えており、2008年までの完成を目標とする当局のネット検閲・統制システム「金盾プロジェクト」のアップグレードに伴う調整とみられる。
検閲強化のためだとしたら・・・
行き着くところまで行くしかないな、こりゃ
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-21 13:00 | ニュース関係
<< 原作と二次作の境界 『安田講堂』を思い出した >>