『安田講堂』を思い出した

中国で学生暴動多発 W杯のTV観戦禁止に反発(産経新聞)



 【北京=福島香織】中国では最近、四川省や河南省の大学で学生暴動が相次いでいる。年々厳しくなる就職難や学校に対する不満などが原因とみられるが、暴動の直接的なきっかけは、学校側がサッカーW杯のテレビ観戦を禁止したためと伝えられている。
 香港各紙によると、四川大学では12日未明、学生約9000人による暴動が発生した。発端はW杯時期と学期末試験が重なったことを憂慮した大学側が、学生が隠れてテレビを見ないように夜間の停電を実施したこと。

 怒った学生らが構内の単車やコンピューターに放火、飲料水の樽などを壊すなどの暴力的行為に出た。学校側は保安要員を派遣したが、これが学生の怒りに火をつけ、舎監1人が負傷。その後、学校側は食堂だけ電気をつけ、学生のW杯観戦を許可したという。

 一方、中国系香港紙「大公報」によると、鄭州大学が管轄する昇達経貿管理学院でも15日夜、学生らがW杯の試合をテレビ観戦していたところ、学院側が観戦をやめるよう注意したことが直接のきっかけで、学生が抗議行動を展開。

 おりしもこの日、学院側が学生に対し募集時に約束していた鄭州大学の卒業証書を発行せずに、学院としての卒業証書を発行すると発表したばかり。これを学院側の詐欺と怒った学生が加わり、16日未明には数千人が校内の商店街を略奪、食堂、図書館の一部を破壊したほか、創始者の像も燃やした。暴動を制圧するため、パトカー十数台と機動隊が出動する騒動に拡大したという。
ゲバ棒、ヘルメット、マスク、グラサン、火焔瓶装備の集団しかイメージできません

前者のは別に禁止する必要も無かろうに・・・
どうせ単位落として困るのは当人なんだし( ´_ゝ`)

後者のは・・・何人が略奪のためだけに暴れたことやら('-`)
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-21 12:57 | ニュース関係
<< 更に進む?情報統制 ろくでもない議員の典型(乙型) >>