納得できる理由を

山口の母子殺害で無期懲役破棄、審理差し戻し 最高裁(産経新聞)



 山口県光市のアパートで平成11年4月、会社員、本村洋さん(30)の妻子が殺害された事件で、殺人罪などに問われた男性被告(25)=事件当時(18)=の上告審判決で、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長=退官、上田豊三裁判長代読)は20日、無期懲役の2審・広島高裁判決を破棄、審理を同高裁に差し戻した。検察側が死刑を求めて上告していた。
 最高裁によると、記録が残る昭和41年以降、2審無期懲役を不服として検察側が上告した事件で、最高裁が2審を破棄、審理を差し戻したのは、連続4人射殺事件の永山則夫元死刑囚(平成9年執行)などに続いて3件目。

 12年3月の1審・山口地裁判決と14年3月の2審判決は「犯行態様は計画的とまでは言えない。年齢も(死刑が適用できる)18歳になって1カ月しかたっておらず、内面の未熟さが顕著で、更生可能性がある」と判断し、死刑を選択しなかった。

 1、2審判決によると、被告は11年4月14日午後2時半ごろ、光市の本村さん方で妻、弥生さん=当時(23)=の首を両手で絞めて殺害。また長女、夕夏ちゃん=同(11カ月)=を床にたたきつけるなどした上、ひもで絞殺した。
「18歳になって1カ月しかたってない」
ってのはずれてるとしか言いようがありませんな

制限速度100km/hの道で103km/h出してスピード違反で止められて
「制限速度をほんのちょっとしか超えてない」とか言ったところで違反は違反


つーかいい加減無駄にガキを甘やかすのやめようや('-`)
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-20 18:39 | ニュース関係
<< 発言の責任もとれないクズの集い... やっぱり民主にも関係が >>