ピンぼけ中国党幹部

後継首相は平和憲法継承を 中国党幹部が表明(東京新聞)



 来日中の中国共産党中央対外連絡部アジア2局の李軍局長は8日、都内で自民党の武部勤幹事長、社民党の福島瑞穂党首とそれぞれ会談した。

 李局長は、福島氏との会談でポスト小泉について「戦後日本の発展の道筋は(現行)憲法にあり、平和を守る道を維持していただきたい。そういう路線を継承する方を希望したい」との見解を示した。中国共産党幹部が日本のリーダー像に直接言及するのは異例。

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関しては「中国国民に、日中関係を良くしようという日本国内の流れを説明しても、首相が参拝すれば、何を言っても『中国人の気持ちを無視されている』となり、苦労している。大変心配している」と参拝しないよう重ねて求めた
異例と言うか「内政干渉」そのもの
参拝するななんてのは日本ではそれこそ「思想・表現の自由の侵害」
どっちも聞く価値なっすぃんぐですな

つーか、ミズポなんかに言ったところで『自民党総裁選』に影響があるわきゃないだろ・・・
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-09 14:27 | ニュース関係
<< 実利も理念もない連中が多いけど・・・ 中国で本格的なネット検閲が >>