入国段階から警戒される韓国人

入国審査台から人種差別するドイツ(OSEN)



まぁさくっとlivedoor翻訳に突っ込んで・・・

[OSEN=フランクフルト, 朴祥県記者] 2006 ドイツワールドカップがわずか四日前に近付いた中にもうドイツフランクフルト空港を含めた各都市の空港はワールドカップを見るための人波にごった返し始めた.

しかし人種を差別するという独逸人たちの姿が空港から発見されてやや苦さを隠すことができない.

韓国人記者を含めてチェ・ジンハン前代表チームコーチとともに日本人観光客などがドイツフランクフルト空港に降りたことは去る 5日(韓国時間) 0時頃. 日本人アメリカ人などとともに '非ヨーロッパ圏国民' 入国審査台に立ち入ったがこちらから人種差別, いや国家差別が始まっていた.

アメリカ人と日本人はパスポートだけ目を通してそのまま通過させるのに比べて韓国人観光客と記者たちには "何の目的に来たか", "今日泊るホテルはどこか" などを根ほり葉ほり聞き始めた.

特に記者たちには "ドイツワールドカップ組織委員会で発給してくれた取材証明書を見せてくれ"と要求したしこれを持ち込むことができなかったいくつかの記者たちは名刺で代わりをしたりした. 記者は取材証明書を持ち込んだが "字が曇るようにプリントされた"とけちをつけるうえチェ・ジンハンコーチにはコーチ資格証を提出しなさいという要求をしたりした.

もうドイツ一部地域では韓国人留学生と観光客を暴行をはたらいたという消息が聞こえたりした. もう空港から人種差別が始まったからドイツワールドカップ期間始終どれだけ多い逼迫(?)と差別を受けるか心配から先に進む.
韓国人は2002年に何をしたかすら覚えていないようですね( ´,_ゝ`)

入国させてもらえるだけありがたいと思えという話
[PR]
by xell_rainy | 2006-06-06 18:01 | ニュース関係
<< 献血@48回目のこと 相変わらずな愚党 >>