お客様、問い合わせ先をお間違えではないでしょうか

原告側の訴え棄却 韓国人戦没者の靖国合祀とりやめ訴訟(産経新聞)



 国が戦没者名簿を提供したために、意思に反して靖国神社に合祀(ごうし)され、民族の誇りを傷つけられたなどとして、韓国人の旧日本軍人・軍属の遺族ら約400人が、国に合祀のとりやめや損害賠償などを求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であり、中西茂裁判長は原告側の訴えを棄却した。
 原告代理人によると、韓国人遺族が集団で合祀とりやめを求めた初めての訴訟で、司法判断が注目されていた。

 戦没者を合祀するのは靖国神社だが、原告側は「国は靖国神社に戦没者名簿を提供していた。合祀は国と靖国神社が一体で行ってきた」と主張。合祀への国のかかわりが争点だった。

 靖国神社によると、同神社に祭られている朝鮮半島出身者は約21000人いる。同神社は「合祀のとりやめを求める遺族がいることは認識しているが、信仰上、合祀の取り下げはあり得ない」としている。

 原告はほかに、徴兵・徴用中やシベリア抑留中の労働の賃金支払いなども求めていた。
国が靖国に「合祀するな」とか言えばそれこそ『政治的行為で宗教を動かしてはいけない』っつー「政教分離」に反する

なに言ってんのこの馬鹿ども
[PR]
by xell_rainy | 2006-05-26 20:41 | ニュース関係
<< 英語を覚える前に・・・ 内部からの崩壊? >>