何処の呼称?

小泉首相、8月15日に靖国参拝か 日本紙報道(東亜日報)



日本の小泉純一郎首相が敗戦記念日(日本では終戦記念日)の8月15日に靖国神社を参拝する案を日本政府が検討していると、日本経済新聞が8日付で報じた。

首相の側近たちは「今年は最後の年であるので、総理としては8月15日に参拝したいという考えが強い」と伝えた。

小泉首相は、2001年4月に就任して以来、昨年まで毎年一度ずつ靖国神社を参拝してきたが、自民党総裁選挙で公約した8月15日を選んで参拝したことはない。

首相周辺では「小泉首相が就任初年の2001年に公約した日より前倒して、8月13日に参拝したのを後悔している」という話も出ている。

小泉首相が8月15日に靖国神社参拝を強行すれば、敗戦記念日という象徴性のため、韓国と中国はこれまでよりも激しく反発することが予想される。

アジア外交政策に対する日本内の賛否両論が白熱する可能性が高い。

日本政府も、こうした事情を良く知っているため、韓日、日中関係と今年9月の自民党総裁選挙に与える影響などを総合的に考慮して最終的に決めるとみられる。
相変わらずバカなこと言ってるのはとりあえず置いておいて

>日本では終戦記念日
じゃあどこでは8月15日を『敗戦記念日』と呼ぶのが一般的なのかが気になりますな
ググってみても変な深読みして「『終戦』じゃなく『敗戦』だ」って言ってる人ばかり

しかも『日本では』ってついてるってことは
日本人が「終戦記念日じゃなくて敗戦記念日だ」とか言ってるのとは関係なく
日本以外のどこかで8月15日を『敗戦記念日』と言ってるってことになりますから・・・

まさか『自称:戦勝国』の韓国がそんなこと言うはずもないですしねぇ(ノ∀`)
[PR]
by xell_rainy | 2006-05-09 12:05 | ニュース関係
<< 持久戦・・・持角戦? 引きこもりを拉致するNPO >>